建築業界が熱い!【求人情報はネットから効率よく集める】

男性

自ら環境を整える積極性

女性

能力を最大限に発揮

身体に障害があっても働く環境はあります。障害者雇用では、障害のある身体を考慮して勤務することができるので、能力を最大限に発揮し意欲的に社会とかかわることが可能です。障害は幅があり、車椅子常用者でも手動で動かすことができる人と電動車椅子のみに対応ができる人がいます。このような人たちには通路スペースを広く設け、バリアフリーに特化したオフィスで働くことが望ましいといえます。また、聴覚に障害がある人は、周りの人に大きな声を出してもらうことでカバーができるといったように環境と周囲の理解があれば障害を気にせずに働けるのです。障害者雇用では自ら環境を整えるといった積極性があることが求められます。能動的になり障害者と健常者の垣根を超えていこうと気持ちを持つことも大切な要素です。

依頼することの大切さ

障害がある為にできないことを明確に伝える必要があります。面接に行くときは、箇条書きなどで書類を作成しておいたり、質問に答えられるように準備しておくことをおすすめします。健常者は障害のことをよく知らないのが実情なので、丁寧に説明して理解を深めてもらえるように努力することです。勤務先や配属先をはじめ仕事内容などを決定する際に重要な事柄となります。障害者雇用で働くことが決まったら、周りの人へ協力をお願いしておくことも心掛けておきます。依頼することは自身の負担を軽減することでもあります。無理をして休んだり、働くことができなくなることが周囲にも迷惑を掛けることになってしまいます。障害者雇用で働くのであれば、優先すべき事柄などに配慮が必要になってきます。

Copyright© 2015 建築業界が熱い!【求人情報はネットから効率よく集める】All Rights Reserved.